2018年6月18日月曜日

「サンセット・ノーツ/栗原ミチオ」LPレコードで発売します。



 「サンセット・ノーツ/栗原ミチオ」PDL-1801(LP)
2018年6月21日発売 定価3,240円(税込)

今年は6月21日が夏至にあたるので急遽発売日を栗原氏と相談してこの日に決めました。pedalrecords webショップでの先行発売となります。大手レコード店等での販売は8月15日からとなります。


https://pedalrecords.theshop.jp/

2005年にCDのみで発売され、長らく廃盤となっていた栗原ミチオの「サンセット・ノーツ」が2018年、アナログ盤として限定再発されることになりました。


栗原は80年代前半、劇画家の宮西計三のバンド「ONNA」にギタリストとして参加。その後「YBO2」等を経て、彼の代表的バンドである「ホワイトヘヴン」に参加。ホワイトヘヴン解散後はその後身とも言える「ザ・スターズ」での活動、「デーモン&ナオミ」のサポートや国内外アーティストとの数々のセッション、そして「BORIS」とのコラボレーション「BORIS with Michio Kurihara」等で海外でもその名が広く知られるようになる。

今回再発されるソロ・アルバム「サンセット・ノーツ」はそんな彼のまごう事なきマイルストーンであり、長年にわたり再発・アナログ化が切望されていた珠玉のギタ-アルバムである。
栗原はギターのみならずベース、キーボード、シンセも操り、ゲストミュージシャンに石原洋、柴田一郎、朝生愛、中村宗一郎を迎え、石原がプロデュース、中村がエンジニアを担当。各曲の解説にあたる「ノート」は、もちろん栗原自身の手による物である。

2018年3月15日木曜日

Americoの伝説のアナログ・ミニ・アルバムが遂に初のCD化!


Americo / Americo graffiti
PDL-1802 CD 価格 : 2,160円(税抜 : 2,000円)
2018年3月28日発売

1. 恋のまちがい電話(Ring Ring Ring)
2. 恋はチョコボンボン(Bon-Bon)
3. 狂った子馬(Crazy Little Horse)
4. 小さなラジオ(The Radio is My Friend)
5. 恋のメロディ(Melody)
6. アメリコのテーマ(A.M.E.R.I.C.O)


世界を甘くするホームメイド・ロックンロール。
Americoの伝説のアナログ・ミニ・アルバムが遂に初のCD化!
アメリカン・ポップスの黄金時代を思い起こさせる超キャッチーな楽曲と、そのピュアすぎるロック魂で様々なミュージシャン達から愛されるバンド、Americo。 昨年リリースの2ndアルバム「Americo graffiti 2」(CD / LP)も記憶にあたらしい彼女たちが、レコード・ブーム前夜の2013年、アナログ・オンリー、ダウン ロードコードなしでリリースした伝説の12インチ、45回転ミニ・アルバム(現在は完売)が5年の歳月を経て遂に初のCD化!!ジャケットは可能な限りオリジナ ル盤を忠実に再現した紙ジャケット仕様。付属のミニ・ポスターには伝説の映画館・吉祥寺バウスシアターでおこなわれたオリジナル盤の発売記念ライブでの貴 重な写真を使用。解説は1stアルバムよりAmerico作品のよき理解者である松永良平(リズム&ペンシル)。録音・ミックス・マスタリングは、Americo全作品を手 がけ、本作ではベーシストとしても参加している中村宗一郎(Peace Music / Pedal Records)。今回のCD化はAmericoが次世代に贈る、ロックンロールのギフ トと言えるでしょう。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


カラフルな洋菓子の詰め合わせのようなポップンロールアルバム!キュートな歌声と悪い音するギターにシナロケの名盤「チャンネル・グー」を思い出しまし た。ピカピカだぜ!
キングジョー

ロックの始まりのほうにもっと本気で近づこうとしてるんだな、Americoは。5年経っても、まだこの音から何かが始まろうとしてるのがわかる。(解説より)
松永良平(リズム&ペンシル)

今私がティーンエイジャーで、アメリコの音楽に出会っていたら、間違いなくお小遣いを貯めて、楽器屋に走り、ギターを買って、クラスメイトを誘って、バン ドを始めると思います。もちろん最初にやる曲は(特に好きな)『狂った子馬』です。
見汐麻衣

ジンみたいに甘く危険なFIZZ POPロックンロール!! 一度聴いたら恋におちるの必至です。 Fifi(Firestarter/Tweezers/イエスタデイ・ワンスモア/ex-Teengenerate)

自分が好きなものを堂々と宣言していいんだよ!って言ってくれる音楽。あふれる慈愛とユーモアに打ちのめされる。「ロックンロール」ってAmericoのためにあ る言葉じゃないでしょうか?
インゲル(FALSETTOS)

ここにあるのは、とびきり爽快で甘酸っぱいロックンロール、ガールポップ。僕はこれらの楽曲群に描かれた様な質感の青春を送った訳では無いのですが、今た しかに、懐かしい気持ちでいっぱいです。
岡村俊宏(ENERGISH GOLF)

アメリコを聴けばいつだって、胸キュン初恋夢気分♡ 景色がキラキラ輝きっぱなしの恋の病にかかってしまったような状態になれます。『Americo graffiti』を聴 いていたらおみやげでドーナツが届きました!なんと!!ミス・ドーナツの魔法?
canan(Compact Club)

この、最初のコードが鳴る度にどこか知らないけど知っている場所に連れて行ってくれる魔法のような音楽=Americoのロックンロール が、僕はたまらなく好き です。では、土曜日に映画館で!(吉祥寺バウスシアターでおこなわれたオリジナル盤の発売記念ライブに向けて書かれた当時のブログより)
井手健介(井手健介と母船 / 元・吉祥寺バウスシアター勤務)


Americo

大谷由美子(Yumiko Otani) Vocals, Guitar, Keyboard & Chorus
大谷昌功(Masanori Otani) Drums, Chorus, Saxophone & Percussion
Recording Member
中村宗一郎(Soichiro Nakamura) / Bass

Discography
2008『Americo』CD(boid / boid cd-011)
2013『Americo graffiti』12"(Pedal / PDL-1301)
2014『こぐまのラルフ』7"(Pedal / PDL-1401)
2015 Miss Donut & Gentlemen(Americo+塚本真一+菅沼雄太)/『DONUT SONG BOOK』7"(Pedal / PDL-1501)
2017『Americo graffiti 2』CD(Pedal / PDL-1701)『Americo graffiti 2』12"(Pedal / PDL-1702)

Contact
Pedal Records pedalrecords@gmail.com